現ら空ら日記   

最近あった事や趣味について、ふと思った事とかを何の気ない空っぽな気持ちで無責任に書き殴っちゃうページです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディレイラー

皆さんこの年末の最中如何お過ごしでしょうか?
忙しかったりそうでなかったり色々でしょう。
こちらは猫の手も借りたいとはよく言いますが、そんなんじゃ足らん!って位11月の後半から大変な事になってます。
私用と仕事とその他諸々で何が何だかって感じです。
自転車も中々乗れないでいたので手もかけて上げられていなかったのですが前から気になっていたディレイラー周りを弄って貰ったりしました。

ディレイラー

リアディレイラーは納車と同時に9速化に伴ってDEOREになっています。
このディレイラー値段も安いし色も黒いし変速性能もデフォルトで付いているスラムより断然良くて気に入っていたのですが、唯一気になっていたのがケージの長さです。
SGSというスーパーロングの設定しかないのです。
普通のマウンテン等の自転車ならいいのですが、小径車となると話は変わってきます。
ホイールの径が小さいのでケージがタイヤすれすれにきてしまい、路面とのクリアランスも少ないので気持ちが悪い感じです。
という事で普通は短いケージのの設定があるXTやLXにすれば簡単に済むと思いますが、ボディーの色が銀色なのです。
ケージの色は黒いのでDEOREに流用できればと前から思っていました。
そこで「ヤッパリ黒が好き~!」の旗印の下、DEOREにXTのGS(ミドル)ケージを付けてもらいましたw
初めはボルトオンでいけると思われましたが右プレートのボディーと繋ぐ棒が少しXTの方が長く少しカットする加工がいりますが、それ以外はアッサリ付いたみたいです。
で、変速の具合ですがケージが短くなった事で前より少し良くなったみたいです。スパスパ入ります^^
タイヤ、路面とのクリアランスも保たれ路上でケージが何かに当たるリスクも減ったと思いますので気持ち悪さも無くなりました。
見た目にもヤッパリ小径車にSGSは長すぎでした。GSの方がシックリします。しかも黒いまま!
黒いのにこだわってる人にお勧めです^^
でも誰もこの改造に気が付かないんだろうな…。まぁ隠れたオシャレって事でw

ちなみに
新しいXTは銀色になっちゃいましたね。黒いのはいつまで取り寄せられるのかが気になる所です。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

パーツ交換

最近ネタ切れ気味の自転車にカツを入れる等の意味は特に無いのですが、気になっていた所を変えてみました。
レバーペダル

変えたのはブレーキレバーとペダルです。
まずレバーなのですがデフォルトで付いていたのはKinetix製の物。ガンメタで質感も良くタッチも良かったのですが1つ問題点が。
9速化に伴って交換したシマノのsaintとの相性です。
ハンドルに取り付ける際通常のシフターはブレーキレバーの内側に取り付けますが、saintはショートストロークなのでレバーより外側に付ける事になります。
その為レバーとシフターの形状がピッタリしていないと離れて取り付ける形になってしまいます(Kinetix時の写真。ハンドルに取り付けている部分が離れている図)
シフターとレバーの色が合っていたのでそのままで乗っていましたが、どうにもシックリこないので満を持しての交換でした。
交換したのは他のパーツでも使っているDEOREです。理由は形状を見た時にシフターと接する部分が肉抜きされていて確実にピッタリいきそうだったし、他のレバー(XT、LX等)はどうもそのような肉抜きが確認出来なかったのでの選択です。実際ピッタリ付きましたw
色的にはアレになっちゃいましたがポジション、機能的には可也良くなりましたし、Kinetixで不満がないと感じていた「タッチ」が格段に良くなりました^^

もう一つはペダルです。
デフォルトのペダルはお世辞にもイイ物ではなくって言うか安っぽく、強く踏み込むとギシギシ音がする強度の無い物でした。
で、色々悩んで選んだのが三ヶ島 PROMENADE EZYです。折りたたみ車には定番のペダルですね。
機能的には外す手間が省けるので折りたたみ式の方が良かったのですが、実際漕ぐ場合の事を優先するとこれに行き着きました。
同じシリーズの三ヶ島 MT-E EZYが黒くてステキだったのですがチョット大き目だったので取り外した際に邪魔になるかもと止めました。
漕いだ感じは剛性感もあるしグリップも増したしイイ事尽くめで可也お勧めですコレ。
ちなみに外れ止めのプラスチックのリングが付いているのですが、外れやすく1日も経たずに片方無くしましたw無くても外れる等の問題はありません。

さて、後はディレイラーがタイヤにクッツキ過ぎるのを何とかしますかね。

背中の汗対策(解決編)

以前リュック背負うと背中の汗がいや~んだったので何か解決策をと考えていましたが、やっと解決出来ました。
シートポストに付けるバックを買ったのです。
それって普通じゃんって言われそうですが、普通じゃありません。
シートポストに付けるバックなのにバックパックという最高なヤツなのです。
名前はRIXEN&KAUL(リキセンカウル)のKM830フリーパックメタ2という物です。
自転車を漕いでいる時はシートポストに取り付けている専用のリアアタッチメントに固定するので背中の汗等とは無縁ですし、重い物を背負わないので疲れません。
自転車を降りてからはごく普通にリュックとして使えるので持ち運びも楽々かつ、サドルバック等では中々入り辛かったA4サイズの書類等問題なく入れられます。
もう理想の一品でしたよ。値段を見るまではw
バック本体が15000円強、アタッチメントが3000円強、合計20000円弱…高!
家で悩んでも仕方ないので現物を見に東急ハンズへ。
現物を見ても物は最高で、どうしようかと悩んでいてふと我に返ると
自転車に取り付けている自分がいましたw

b10


外観です。
普通のリュックに見えるっていうか普通のリュックですw
ポケット等も結構あって使い勝手もイイです。
ちなみにライト取り付け用のバンド部分に
キャットアイSL-LD100Rを取り付けています。









b9



後ろ側から見たところです。
下の真ん中部分に付いている蓋のような物を除けば
普通のリュックですw
左右に付いているパッドも肉厚で背負っている時も通気性がイイです。









b8



取付金具部分です。
蓋をめくると出てきます。











b5



急な雨にも大丈夫なレインカバーが付いています。
被せると可也ダサダサですw











b2



アタッチメントの固定部分です。
銀色のバンドでポストに取り付けます。
DAHONはポストが太く付属のバンドでは無理でしたので
別途太い用のバンドだけ購入が必要です(300円位)。









アタッチメント



リュック本体取り付け部












購入してから改めてイイ物を買った感に包まれていますw
物も結構入るしポケット類も充実していて使いやすい。
自分は被らないですがヘルメット固定用のネットまで出てくる。
ある意味これ以上実用性があるバックは無いんじゃないだろうかと思う位です。
問題があるとすれば値段と地味な外観でしょうか。
外観が気に入らない人はもう一つ「KM821 フリーパックスポーツ」という姉妹品もあります。容量少し少なくデザインも違い少し安いです。
まぁ兎にも角にもこりゃ値段以上に最高ですぜ。

出っ張った鼻は挫かれます

今日は朝から久々の晴天。
よ~し今日は行ったるで~的な勢いで車に保管してある自転車のもとへ。
手早く折りたたみを解除してイザ乗ろうとした時、何だか違和感が。
ハンドル持って押した時にやけに重い。
あれ?っと全体を確認してみると後輪ぺた~ん。
パンクです。
数日乗ってなかったとはいえ後輪だけ抜けるのはオカシイのでパンクです。
初めて~の~ピュ~ orz
しようがなくそのまま積んで仕事に。
タイヤを調べてみても刺さってる物もなく亀裂等もない。
夕方、自転車屋に持っていって見てもらったらチューブのタイヤ側(外側)ではなく、リム側(内側)に穴が。
これ、DAHONによくあるトラブルのようでリム内のバリ等の処理が悪くてリムテープが中でズレたりすると起こるらしいです。
とりあえず時間があまり無かったので明日取りに来る事にして入院です。
何だかなぁ。

バック

つい先日私用で片道20km弱の道のりを自転車で走りました。
たいがい荷物が有りますのでリュックを背負って乗っています。この時も例に漏れずバックパックで大爆走野郎でした。
気温的には暑くも無く寒くも無く風が気持ちいい感じでしたが、目的地に着いてリュックを下ろした時に愕然となりました。
背中全体と肩から脇にかけて…つまりくっきりリュックの形に汗ラインが出来ていたのです。当然リュックの方も大変な事になってました。
しかもこの時、よせばいいのに赤いTシャツorz
正面から遠めに見るとリュック背負ってないのに背負ってるように見えたりしそうな感じ。
着替えも当然持っていっている訳も無く乾かすのに外でボケーとしていなければなりませんでした。
自分の使ってるリュックはその辺で安売りしてた何だか良く解らないメーカーの物。
背中に当たる部分に隙間があって通気性が良かったり、揺らしてもズレづらかったりとかそんな快適機能とは無縁の代物。
これじゃ今後イカンナ~って事で対策を検討してみました。

1.濃い色のTシャツは着ない。
2.汗をかかないように汗腺を閉める頑張る。
3.着替えを大量に持っていく。
4.それなりの良いリュックにする。
5.背負わないで自転車にバックを付ける。

等ですが1~3はいいとして、良いリュックを買うか自転車にバックを固定するかが現実的な選択そうです。
色々考えてみるとヤッパリ背負わない方が漕ぎやすかったりするしリュック状に汗をかくことは絶対無いので良さそうですが、降りた後の荷物の持ち運びはやっぱリュックの方が楽だし…。
で、フロントバックやらサドルバックやらバックパックやら見ているのですが中々これだ!ってのがありませんねぇ。
何はともあれ近々購入しないと。リュック型の汗は恥ずかしいですからw
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。